【サーバーの教科書】物理サーバーと仮想サーバーの違いとは?その仕組みとは?

「サーバーってなに?」
「物理サーバーと仮想サーバーの違いって?」
「サーバーに種類があるって本当?」

今回、土日休み.comではサーバーの概念について、初心者でもわかるように簡単に解説しながら、物理サーバーと仮想サーバーの違いを徹底解説していきます。

サーバー(server)とは?

サーバーとは、何かを提供してくれる存在のことです。

サーバーを英語で書くと、「Server」です。

これを直訳すると、「提供者」という意味を表します。

しかし、これだけを伝えると、多くの人はデータベースやインターネット上などでデータを管理するようなかっこいいものをイメージしようとしますが、概念的には英語を直訳したものを全く変わりません。

試しに、サーバーとつく言葉を何個か思い浮かべてみてください。

  • メールサーバー
  • テニスのサーバーとレシーバー
  • ビールサーバー など。

世の中には数多くのサーバーとつくものが存在します。そして、サーバーと付くものに共通して言えるのが、提供する側と受け取る側の関係性ができているということです。逆に言えば、これさえ成り立っていればサーバーと言えるのです。

結論、インターネット上でよく利用されるサーバーとは、データを管理・保存しておく場所と覚えて置くと良いでしょう。

この記事では、これ以上のサーバーの説明は省きますが、サーバーについてあまりピンッとこないという方は下の記事に、さらに具体例を使い掘り下げながら解説しているので参考にしてください。

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

物理サーバーと仮想サーバーの違いとは?

ここからは、物理サーバーと仮想サーバーの違いについて触れていきます。

物理サーバーとは?

物理サーバーとは、データを管理する一台の物理的なサーバーのことを指します。物理的なサーバーは、おそらく多くの人がサーバーと聞いたときに一番最初に思い浮かべると思います。

主に企業などの容量の大きいデータを扱う場合やインターネット上でサービスを展開する上で多用されます。

物理サーバーの特徴としては、データを管理する際は物理サーバー内で使われているOSで統一されているため、複数のOSには対応していないというのがポイントです。

物理サーバーの例として挙げられるのが、共用サーバー(レンタルサーバー)や専用サーバーです。これら2種類のサーバーのことを総称して、物理サーバーと言われることもあるので、覚えておきましょう。

共用サーバーと専用サーバーについての解説は別の記事で解説しているので、よくわからないという方は下記事をご覧ください。

共用サーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

2018年12月15日

専用サーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

2018年12月19日

また、仮想サーバーも大元は物理サーバーを利用しているので、物理サーバーがあってこその仮想サーバーというわけです。

仮想サーバーとは?

仮想サーバーとは、1台の物理サーバーに仮想上のサーバーを複数作り、それぞれの仮想上のサーバーを立てたものを指します。

仮想サーバーの大きな特徴としては、仮想上のサーバーを複数立てた際に、物理サーバーにはできなかったことを可能にしているということです。仮想サーバーが可能にしたこととは、OSやソフトウェアを仮想上のそれぞれのサーバーにインストールすることができます。また、仮想サーバーの例として挙げられるのが、VPSやパブリッククラウドサーバー(クラウドサーバー)です。

VPSやクラウドサーバーについてさらに詳しい解説は下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

VPS(バーチャルプライベートサーバー)とは?おすすめのレンタル会社は全9社中どこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

2018年12月19日

パブリッククラウドサーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

2018年12月19日

仮想サーバーの仮想化という技術は、サーバー内で余っているリソースを有効活用することができるというメリットがあります。物理サーバーがメインだった時代は、物理サーバーの資源が余ってしまっていることが多くありました。

なぜなら、物理サーバーは、一つのサーバーに対し、一つの目的で運用されていることが多かったので、無駄に容量が余ることがあれば、逆に、不足することもあったわけです。

サーバーが不足したからといって、すぐにサーバーをもう一台導入するにはコスト、場所、維持費がかかってしまうため、コストパフォーマンスが低かったのです。

しかし、この仮想サーバーという仕組みができたことによって、仮想上のサーバーを作るということが可能になり、サーバーの資源を有効活用できるようになったことでコストパフォーマンスが大幅に向上しました。

まとめ

ここまで、物理サーバーと仮想サーバーについてまとめてきましたが、これら2つのサーバーの違いはわかっていただけたでしょうか?

現在、実は物理サーバーも仮想サーバーも未だに使われていますが、実際に会社にサーバーのスペースを作って運用している会社はほとんどありません。大体が、インターネットを通してどこかのサーバー会社と契約し、運用している場合がほとんどです。

サーバーの用途によって、使うべきサーバーも変わってきます。

もしサーバーの運用を検討している場合は、下の記事に「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS(バーチャルプライベートサーバー)」「パブリッククラウドサーバー」のそれぞれのメリットやデメリットを紹介しているので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。