【2019年最新比較】OKI複合機の評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。おすすめの複合機は?

この記事ではOKIの複合機についてレビューしていきます。

「OKI製複合機の評判は?」
「OKI製複合機を導入するメリット・デメリットは?」
「OKI製複合機の特徴は?」

など、OKI製の複合機に関する2019年現在の最新情報をご紹介致します。

OKIの複合機について解説する上で、最低限知っておいた方が良い複合機についての情報を下の記事にまとめておいたので「複合機についての知識が全くない」という方は参考にしてください。

複合機・プリンター・コピー機の選び方とは?

OKIの複合機について解説する前に、複合機を選ぶ上でのポイントを簡単にご紹介しておきたいと思います。

複合機を選ぶ上で重要な判断基準は主に8つあります。

複合機選びの8か条
  1. 導入コスト
  2. ランニングコスト(インク代・カウンター料金)
  3. 対応している紙の規格(A3・B4・A4・B5)
  4. 印刷速度
  5. 印刷の品質・画質
  6. 本機の大きさ・サイズ
  7. FAX・スキャナーの有無
  8. その他オプション・カスタマイズ機能

この8つの判断基準の中でも特に重要なのが、コスト面です。

複合機は複合機本体の代金やそれを設置するための費用である導入コストと紙代・インク代等ランニングコストの2つがコストとしてかかります。

最近は技術の進歩によって、複合機はどのメーカーのものを利用しても性能面では重大な違いはありません。ただしコストに関してはメーカーや製品によって変わってきますので、やはり出来るだけコスパの良いものを選ぶのが良いでしょう。

次に重要なのが、対応している紙のサイズや印刷速度です。

業務用の複合機として会社等で導入するのであれば、通常はA3まで対応したものを選ぶことをおすすめします。また、業務用の複合機では機種によって印刷速度が違います。

印刷速度の目安としては、通常の用途であれば分速20枚以上のものを選ぶと良いでしょう。

「業務で複合機を頻繁に使う」「社員が多くて印刷待ちが頻繁に発生する」という状況であれば分速20枚よりも多く刷れるものでも良いと思いますが、大抵の会社は3秒に1枚刷れば問題ないはずです。

詳しい複合機選びの解説は下の記事にまとめてあります。

複合機をお得に導入するには?一括購入・レンタル・リースどれがおすすめ?

複合機には主に3つの契約方法があります。

複合機の契約形態
  1. 一括購入契約
  2. リース契約
  3. レンタル契約

詳しくは別記事で解説しているので簡潔にお話しすると、おすすめはリース契約です。

購入 リース契約 レンタル契約



長期的に使うと価格は割安 初期費用がほとんどかからない 必要な時に必要な
期間だけ利用できる
会社の所有物として自由に
売買などの処分ができる
経費計上が可能 経費計上が可能
メーカーと直接の
繋がりができる
最新の機種を使用できる




初期費用が大きい 契約期間中の解約ができない 機種は選べず
中古のものがほとんど
30万円以上の機種は
経費計上ができない
所有権はリース会社にある リース契約より使用料が割高
安い機種を探すと
中古の型落ち品になる
料金は購入した場合に比べ
やや割高になることが多い
原価償却のための
事務処理が必要

OKIの複合機ってどうなの?メーカーの特徴・評判・口コミは?

ここからはOKI複合機の特徴や評判をご紹介していきたいと思います。

OKI複合機の特徴

大元は沖電気工業という会社で、皆さんご存知のATMなども製作販売しています。
そこからプリンターを販売するOKIデータが分社化し、業務用の複合機を販売しているという形です。

OKI複合機の特徴は以下の通りとなっています。

特徴
  • 家電量販店で販売している
  • 価格は安いが品質はイマイチ
  • ランニングコストはカウンター料金ではなくトナーの利用量で決まる
  • サポートはイマイチ

OKIの複合機はヤ○ダ電気などでも販売されていることが大きな特徴です。

他の複合機ですと営業などを通して購入・リース契約することが一般的ですが、「それらの手続きや処理が面倒くさい」という方でも手軽に購入することができます。

価格も30万円付近のものが多く、経費として計上できる可能性もあります。(30万円以下であれば経費として計上できます)

また、保守の料金についても特徴的です。
通常であればカウンター保守契約といって、印刷した紙の枚数によって料金を支払う代わりにトナー(インク)代やメンテナンスのための費用が無料になるというものが一般的です。

しかしOKIの場合は利用したトナーの分量によって料金が決定します。
これにはメリット・デメリットがあるので後ほど詳しく紹介します。

OKIの複合機はシェア率はどのくらい?

OKI製の複合機シェア率は、約2%ほどです。

複合機全体のシェア率としては、トップ3が1位の富士ゼロックス約35%、2位のリコー約25%、3位のキャノン約20%というようになっています。

正直、ある程度大きな会社が運営していれば、そこまで性能面での差はなく、複合機の性能面を単純に比較してもさほど変わらないのが実情です。

逆に、シェア率の高いメーカーほど製品の価格が高い場合もあるので一概にシェア率が高ければよいというわけではありません。

OKI複合機の口コミ

OKIの複合機を実際に導入した会社様の口コミを土日休み.comで調査したところ、以下のような口コミをいただきました。

OKI複合機の口コミ

良い口コミ

「本機の価格が業務用としては破格の安さ」
「うちではカウンター料金を払っていた頃より維持費が安くなった

悪い口コミ

「トナーとドラムの買い替えが頻繁に必要で結局高くついた」
「使い勝手が最悪。原稿の向き・タッチパネルの操作・トナーの交換などがやりづらい」
「故障が頻繁に起きる。特に冬場」

OKIを導入するメリット・デメリットとは?

ここからはOKIの複合機を実際に導入するメリットやデメリットをご紹介していきます。

OKI複合機を導入するメリット

OKIの複合機を導入するメリットは主に2つあります。

1つ目のメリットは、圧倒的な安さです。

ぎりぎり経費で計上できる30万円付近で購入できる製品もあるくらいです。
とにかく導入費用を抑えたいという方は検討してみても良いでしょう。

2つ目のメリットは、家電量販店でも販売しているという点です。

営業を通さずに適正価格で購入が可能なので、小規模な会社などでも容易に導入できます。

メリット
  1. 導入コストが安い
  2. 家電量販店でも売っている

OKI複合機を導入するデメリット

OKIの複合機を導入するデメリットは主に3つあります。

1つ目のデメリットは、使い勝手が悪いという点です。

タッチパネルの操作性やトナーの交換など、手間取る点が多いようです。
販売店の方に話を聞いたところ、クレームも何件かくるほどユーザビリティが悪いとのことでした。

2つ目のデメリットは、ドラムの持ちが悪いという点です。

具体的には3万枚を超えるとドラムの買い替えが必要なようです。
したがって、後ほど詳しく書きますが、月の印刷枚数が多い会社にはOKIの複合機はお勧めできません。

3つ目のデメリットは、サポートが弱いという点です。

OKIはそもそも「自分で治せるものは自分で直してください」という方針を採っています。

もちろん、訪問のサポートもありますが、来てくれるのが翌日のため、使えない時間が長くなってしまいます。そのため、軽微な故障の場合は自社で治す必要があります。

デメリット
  1. 使い勝手が他のメーカーと比べて落ちる
  2. ドラムの持ちが悪い
  3. サポートが弱い

【2019年最新比較】OKIのおすすめ複合機・プリンターはどれ?

ここからは、OKI製複合機で2019年現在どの複合機がおすすめかをご紹介していきたいと思います。

コストを重視するなら『MC843dnw/MC843dnwv』

コスト面だけを重視するのであれば、『MC843dnw/MC843dnwv』がおすすめです。

ちなみにMC843dnwとMC843dnwvの違いは増設のトレイユニットがついているかいないかの違いです。

そもそもOKIの複合機は増設トレイが必要なほど印刷をする会社には向いていないので、少しでも費用が抑えられた型番に「v」のついていない方がおすすめです。

『MC843dnw/MC843dnwv』のスペックは以下の通りです。

印刷速度(分) カラー23枚・モノクロ23枚
最大用紙サイズ A3,SRA3
コピー機能
プリントアウト機能
両面印刷
FAX機能
タッチパネル
USB無線LAN接続
ネットワークスキャン機能
メンテナンス

『MC843dnw/MC843dnwv』はとにかく無駄な機能を抑えたコスパの高い機種となっています。
実際、OKIの販売しているA3に対応している複合機の中で一番安い機種となっています。

バランスを重視するなら『MC863dnw/MC863dnwv』

コスト面と印刷速度のバランスと取るのであれば、『MC863dnw/MC863dnwv』がおすすめです。

実際、OKI複合機の中でも一番の売れ筋商品となっています。

『MC863dnw/MC863dnwv』のスペックは以下の通りです。

印刷速度(分) カラー35枚・モノクロ35枚
最大用紙サイズ A3,SRA3
コピー機能
プリントアウト機能
両面印刷
FAX機能
タッチパネル
USB無線LAN接続
ネットワークスキャン機能
メンテナンス

『MC863dnw/MC863dnwv』の特徴は、先述した通り印刷速度とコスト面のバランスが取れている点です。

カラー・モノクロ印刷が毎分35枚であるため、数十人規模のオフィスにも『MC863dnw/MC863dnwv』があれば問題なく使えると思います。

OKIの複合機が向いている会社・向いていない会社

ここまでOKIの複合機を導入するメリット・デメリットや各製品の特徴などをご紹介してきましたが、OKIの複合機に向いている会社と向いていない会社をまとめると以下の通りです。

OKIの複合機が向いている会社

OKIの複合機が向いている会社は以下の通りです。

OKIの複合機はこんな会社におすすめ!
  1. とにかく初期費用を安く抑えたい
  2. 月間印刷枚数が300以下
  3. 印刷枚数が時期によってムラがある

OKIはとにかく本体の価格が安いです。

また、保守の料金はカウンター料金でなく、トナーの使用量で決まるので、月間の印刷枚数が少なく、時期によって枚数にムラが出るような会社にお勧めです。

OKIの複合機が向いていない会社

OKIの複合機が向いていない会社は以下の通りです。

OKIの複合機はこんな会社には不向き!
  1. サポートを充実させたい
  2. ランニングコストは安く抑えたい

本体の価格は安くても、ランニングコストはやや割高になります。

また、サポートについては京セラ・シャープ・富士ゼロックスなどの王手の方が充実しています。

まとめ

ここまでOKI製の複合機についてまとめてきました。

正直、シェア率の高いメーカーに優っている要素があまりないので、第一候補に入ってくるということがあまりないのがOKIの複合機です。

複合機は、自社の規模や業務内容に合ったものを選ぶのと合っていないものを選ぶのではトータルでかかるコストが大きく異なってくるため「なるべくお得に複合機を導入したい!」と考えている場合は、関連記事にも目を通しておくことをおすすめします。

2019年現在の複合機の最新事情や自社に合った複合機の選び方などがまとめてあります。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。