19インチのパソコンモニタのサイズ感は?平均価格は?おすすめは?

日本では、インチという単位に馴染みがなく、「◯◯インチのモニタ」と言われて、イメージがつく方は案外少ないと思います。

では、センチとかの表記に書き換えれば良いじゃないか!と思ってしまいますが、残念ながらそれもできません。モニタのサイズというのは法律でインチで表記しなければならないと表記されています。

つまり、インチに慣れていくしかないというわけです。

ということで、モニタのサイズというのに焦点を絞り、今回は19インチのモニタについて解説していきたいと思います。サイズ感ではなく、ディスプレイの総合的な選び方を知りたいという方は下の記事にまとめてあるので、そちらを参考にしてください。

【おすすめモニタの選び方を伝授!】PCディスプレイの8つのチェックポイントとは?

2019年1月12日

19インチパソコンモニタのサイズ感は?

19インチのモニタについて解説する前に、モニタで使用する”インチ”という単位について誤解がある方が結構いるので、簡単に解説しておきます。モニタでのインチという長さは、モニタの角と角の対角線の長さを表したものです。

対角線の長さだけだと、横と縦の長さは自由なのか?と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。モニタの横縦の比率が業界内で決まっており、主に2種類あります。

1つ目が正方形に近いスクエア型で横縦比が4:3という規格、2つ目が横に長い長方形のワイド型で横縦比が16:9という規格です。

主にこの2種類に分かれていますが、最近ではワイド型のモニタが主流です。理由としては、ワイド型の方が何かとメリットが多く、扱いやすいからです。細かい理由について知りたい方は下の記事にまとめてあるので、ここでは解説を省きます。

「ワイド型」「スクエア型」「湾曲型」ディスプレイ(モニター)の違いとは?

2019年1月14日

話を戻しまして、19インチのモニタにもスクエア型とワイド型があり、サイズの詳細は以下のようになっています。

19インチのサイズ

スクエア型

  • 対角線:48.3センチ
  • 縦:29.0センチ
  • 横:38.6センチ

ワイド型

  • 対角線:48.3センチ
  • 縦:23.7センチ
  • 横:42.1センチ

19インチモニタの特徴としては、少し小さめな作業用ディスプレイという感じで、会社のオフィスに並べる際に、机と机の感覚が狭いときに利用するには適しています。

19インチのパソコンモニタの平均価格は?

19インチモニタの平均価格は、¥10,000~¥20,000といったところです。

もちろん、19インチでもっと¥20,000以上のモニタもありますが、あまり人気ではありません。19インチのモニタは比較的小さいため、お金をかけて画質を良くするというよりは、作業をするための小型モニタのような扱い方をされることが多いです。

23インチ以上のモニタの場合は、画質を意識して購入する割合も一定数いますが、19インチの場合はなるべく安くしたいという需要の方が多いイメージです。

結果、19インチのモニタは¥20,000以下が人気ということになります。

2019年おすすめ19インチのパソコンモニタ

BenQ モニター ディスプレイ GL2070 19.5インチ/1600x900 WXGA++/TN

BenQの19.5型ディスプレイです。

なんと言っても価格が¥10,000を切っているにも関わらず、解像度が1600×900と比較的高いことが大きな特徴。一般的なの19インチモニタの場合は、解像度が1366×768のものが多い。

なぜか他の19インチモニターの価格よりも安く、さすがは天下のBenQ様という感じです。また、モニタのパネルが目に優しいノングレア仕様になっているのもポイントです。

このモニターは価格面、機能面両方を加味してもおすすめの一品です。

まとめ
  • 19.5インチ ワイド型ディスプレイ
  • 解像度:1600×900
  • ¥9000前後で購入可能!
  • 保証:期間は不明だが1~3年はある。

まとめ

ここまで、19インチディスプレイについてまとめてきましたが、デスクワークなどのために、安く手軽なモニタを手に入れるにはサイズや価格面的にもコスパが良いのでおすすめです。

ただし、ゲームをする場合は、応答速度や解像度が低いものは正直避けた方がいいです。特にFPSなどの忙しいゲームをする場合は、ゲーミングモニタを使うことを強くおすすめします。

結論、19インチディスプレイはデスクワーク用のモニタとしてはおすすめです。その他の場合には、どのような用途でモニタが欲しいのかを今一度確認してから、必要スペックを見直しましょう。

下の記事にディスプレイの選び方や2019年のおすすめモニタをまとめてあるので、もしよければ参考にしてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。