最新ドンキ格安パソコン『MUGA ストイックPC2』の実態とは?性能・レビュー・メリット・デメリットまとめてみた。

あの普段格安を売りにいているドンキホーテが、20000円弱という破格の価格でノートパソコンを販売しており、一時ある店舗では品薄になるというネタ要素満載のノートパソコンを販売してきたので、今回土日休み.comでもレビューしていきたいと思います。

ドンキの格安パソコン(PC)の実態とは?

ここからは、実際に、ドンキの格安パソコンの実態を解明していきます。

製品情報・スペック(性能)

製品名は、『MUGAストイックPC2』(以後「PC2」と表記します。)です。

スペックはCPUは聞いたことのないレベルの低スペックCPUを搭載しています。正直、20000円弱で販売している時点で、CPUには最初から期待できません。

実はこのドンキの格安パソコンは、第3回ほど行われているのですが、今回3回目に来てメモリが2GBから4GBに進化したのがPC2の一番の見どころといえでしょう。

今までは、OSの起動を維持しているだけで、最低でも1GBのメモリを常時使用していたので、YouTubeで動画を見るくらいしか使いみちがありませんでしたが、今回4GBになったことによってパソコンの最低レベルを脱したといえます。

また、インカメが30万画素あり、意外と画質がきれいなのも地味ですがプラスの特徴です。

製品名MUGA ストイックPC2
ディスプレイ14.1インチ IPS液晶ディスプレイ
OSWindows 10 Home 64bit
CPUIntel®ATOMTM x5-Z8350(Cherry Trail)
メモリ4GB(増設・変更不可)
ストレージeMMC 32GB
バッテリー稼働時間約7時間
その他・カメラ:30万画素(インカメラのみ)
・スピーカー搭載

 

ドンキ格安パソコン(PC)の特徴・メリット・デメリット

ここからは、ドンキの格安パソコンの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

ドンキ格安PCのメリット

ドンキの格安PCのメリットは、主に3つあります。

1つ目のメリットは、安いという点です。

正直これが一番のメリットと言えるでしょう。今まで様々パソコンを見てきましたが、新品で20000円弱のパソコンを見たのは初めてです。

2つ目のメリットは、画質が良いという点です。

2万円弱にしては30万画素のインカメを搭載しており、キレイな映像が取れるのはメリットと言えます。

3つ目のメリットは、バッテリーが長く持つという点です。

最大約7時間稼働することができるため、充分外にもと歩いて使えるバッテリー容量と言えます。

メリット
  1. 安い。
  2. カメラの画質が良い。
  3. バッテリーが長く持つ。

ドンキ格安PCのデメリット

ドンキの格安PCのデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは、動作が遅いという点です。

メモリが2GBになったことにより、多少は処理速度が上がっていますが、やはり動作が遅いのは難点になります。使い道を考えて、なるべく負荷のかからないような作業をするようにしましょう。

2つ目のデメリットは、キーボードの入れるが特殊という点です。

キーボードの配列が非常に特殊で、使いこなすには多少の慣れが必要になってきます。普段、パソコンをタイピングしている感覚で使うと、Enterと間違えてDeleteを押す間違いをするような配列になっているので、その点だけは買う前に注意しておいた方がいいでしょう。

デメリット
  • 動作が遅い。
  • キーボードの配列が特殊

まとめ

ここまで、ドンキホーテの格安パソコン『MUGA ストイックPC2』をまとめてきました。

結論、このパソコンを使ってプログラミングや動画編集などの作業は一切できません。2万円弱という価格に妥協しながら使うようなイメージになると思います。

また、土日休み.comでは、パソコンの選び方や2019年の人気PCの解説なども随時更新しているので、興味のある方は下の関連記事から参考にしてみてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。