【人気PC比較】パソコンの選び方とは?コスパの良いPCを購入するための注意点を徹底解説!

「パソコンってどうやって選ぶの?」
「ノートPCとデスクトップPCの違いは?」
「必要スペックを知りたい!」

今回、土日休み.comではパソコンの選び方についてかなり初歩的なところから解説していきます。

自分に合ったパソコンの選び方とは?

まず始めに、パソコンをどのような用途や目的で使うのかを明確にしましょう。

用途や目的を明確にした上で、下の3つのステップを一つ一つ明確にしていきましょう。

自分に合ったパソコンを見つける3か条
  1. ノート or デスクトップPC
  2. 予算
  3. 必要スペック

1.ノートパソコン or デスクトップPC

1つ目のステップはパソコンのモデルを決めることです。

  1. 「ノートパソコンを必要としているのか?」
  2. 「デスクトップPCを必要としているのか?」
ノートパソコンの特徴とデスクトップPCの特徴をそれぞれまとめておくので参考にしてください。

ノートパソコンの特徴
  • 軽量でコンパクトだから持ち運びできる。
  • 負荷のかかる処理には不向き。
  • 故障した場合は買い替えになりやすい。
デスクトップPCの特徴
  • 持ち運びはできない。
  • スペック次第では負荷のかかる処理に向いている。
  • 故障したときはパーツ毎に交換。

2.予算

予算を決めましょう。

パソコンというのは、スペック(性能)をあげようと思えばいくらでも上げることができるため、パソコンにどのくらいの予算をかけることができるのかを明確にしておきましょう。

また、どのくらいの予算でどのような作業ができるのかイメージを持ってもらうために、下の表を作ったので参考にしてください。ただし、価格だけで一概に◯◯ができるとは言えないのであくまでイメージが全く沸かない方のための参考例です。

予算 できること、作業例
¥20,000~¥50,000 ・WordやExcelを使った文書の作成。
・インターネットでの調べ物
・ネットショッピング
・メールやLINE
¥50,000~¥100,000 ・簡単な画像編集
・簡単な動画編集
・プログラミング
¥100,000~¥200,000 ・専用ソフトを使った画像編集
・専用ソフトを使った動画編集
・負荷のかかるプログラミング
・ゲーム

3.パソコンの必要スペック

さて、ここからが実際にパソコンのスペックを決めていきます。

パソコンは主に11個のチェックポイントがあり、それを見ながらスペックを調整していきます。今回はその11個の解説は省くので、実際にパソコンに必要なスペックを知りたいという方は下の記事を参考にしてみてください。

おすすめのパソコン(PC)を購入するメーカー会社はどこ?

パソコンを購入するメーカーには、4大メーカが存在し、大体のシェアはこの4社が占領しているのが現状です。今回は各会社の特徴をご紹介していきたいと思います。

4大メーカー
  1. 富士通
  2. NEC
  3. HP(ヒューレッド・パッカード)
  4. マウスコンピュータ

1.富士通

富士通は、日本のメーカーで誰もが一度は聞いたことのあるメーカーだと思います。

実際、パソコンを作る技術の非常に高く、特にノートパソコンの軽量化などでは技術開発が大きく進んでいる会社といえます。また、デスクトップPCのコンパクト化進んでおり、ディスプレイとパソコンが一つになっているモデルも人気の一つです。

特徴としては以下の4つです。

特徴
  • 軽量化の技術が進んでいる。
  • ディスプレイとパソコンの一体型が人気
  • セキュリティソフトが無料でついてくる。
  • 付随してくるソフトが多い。

2.NEC

NECも誰もが一度は聞いたことのあるメーカーだと思います。

特にNECは多岐にわたる事業を展開してるため、世界的に有名な会社といっても過言ではありません。パソコン事業では富士通と肩を並べているイメージです。

また、販売価格が専用割引券などを使うことによってかなり安くなるのが特徴的です。

特徴
  • パソコンの使い方の教科書をくれる。
  • メーカー保証が最大5年
  • 割引率が高い。

3.HP(ヒューレッド・パッカード)

HP(ヒューレッド・パッカード)は、アメリカに本社があるメーカです。ただし、日本で購入する場合は生産もサポートも日本で対応しているので、英語ができないという方にも安心して利用いただけます。

筆者が使っているノートパソコンもHPですが、デザイン性・機能性に非常に優れているため個人的にはおすすめです。

特徴としては、以下の3点です。

特徴
  • わかりやすいパソコン解説本が同封される。
  • パソコンのデザインがスタイリッシュでカッコいい。
  • メーカの保証が最長で3年間

4.マウスコンピューター

マウスコンピュータは、ゲーミングパソコンやクリエイター向けのパソコンに強いメーカーです。

その他にも、マウスコンピュータの傘下であるG-TUNEやDAIVなどパソコン業界のシェアを牛耳っている有名どころです。また、サポート面ではかなり充実しているようで、24時間365日対応しています。

残念ながら、筆者はこのマウスコンピュータの製品だけは個人で買ったことはないですが、知り合いからの口コミやネットの情報を集める限りでは、4大メーカーの一つとして異論は無いほどの実力の持っている会社というイメージです。

特徴としては以下の3つです。

特徴
  • ゲーミングPCに強い。
  • クリエイターPCに強い。
  • 24時間365日サポートあり

まとめ

ここまで、パソコンの選び方やおすすめのメーカをまとめてきましたが、実際に購入する際はパソコンで特に重要なパーツであるCPU、メモリー、ストレージくらいは知識を付けた状態にしておくことを強くおすすめします。

いくら4大メーカと言えども、タイミングによっては普通にコスパの悪い製品も存在します。そのときに見分けられるようにしておかないと、実査に損をしていまうこともあります。

最低、先述した重要なパーツやパソコンの必要スペックをまとめた記事を初心者でもわかりやすく解説しているので、興味のある方は下の関連記事を参考にしてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。