パソコンのPCメモリ規格『DDR』とは?特徴をまとめてみた。

この記事では、DDR規格のPCメモリについてまとめていきたいと思います。

そもそもPCメモリの規格とは?

多くの人は、メモリというと容量だけに目がいってしまいがちですが、本来メモリというのは、容量以外にも見るべきポイントがたくさんあります。

間違ったメモリを使ってしまうと、パソコンが認識してくれなかったりするため、そのパソコンに搭載されている他のパーツに合ったメモリを選択すべきなのです。

例えば、ノートPCとデスクトップPCでは使用するメモリは違います。ノートPCはノートPC専用のメモリを使い、デスクトップPCはデスクトップPC専用のメモリがあります。

詳しくは下の記事にまとめてあるので、メモリの規格についてイマイチよくわからないという方は下の記事を参考にしてください。

DDR(ダブル・データ・レート)とは?

DDR規格のメモリは、2019年現在はほとんど使用されておらず、2001年~2005年に普及していた旧型のメモリです。

特徴としては、現在のモデルと比べるとメモリの容量が桁違いに少なく、使い道があるとすれば、初心者が自作PCの練習用として使うくらいです。

DDRの特徴
  • 2001年~2005年に普及していた。
  • メモリの容量が小さい。
  • 現在はほとんど使われていない。
  • 自作PCの練習用としては使える。

2019年で最も使用されているPCメモリの規格は?

現在、最も使用されているPCメモリの最新規格は、DDRよりも4世代上のDDR4という規格です。まだ若干、DDR2やDDR3も使用されていることはありますが、徐々にDDR4に切り替わっていくと予想されます。

DDR4の場合、処理速度や消費電力が改良されており、これから自作PCを作ろうと考えている方や中古でパソコンを購入しようと考えている方はDDR4規格のものをおすすめします。新品の場合はほとんどがDDR4規格です。

その他の規格については下の関連記事にまとめてあるので、そちらを参考にしてみてください。

まとめ

ここまで、初代DDRについてまとめてきましたが、2019年現在で初代のDDRを使用しているパソコンはほとんどありません。中古パソコンで無理やり探すような感じです。

土日休み.comでは、トレンドのおすすめPCやPCパーツを独自にテストし、解説しているので、興味のある場合は下の関連記事も読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。