【2019年最新版】SSDの『MLC(マルチレベルセル)』の価格・寿命・メリット・デメリットとは?

こんにちは。土日休み.com運営部です。

ここ10年あまりでパソコンやインターネットが大きく普及してきましたが、パソコンというものには必ずデータを保存するストレージという場所があります。人間でいう記憶を管理する部品のことです。

今回はそのストレージの中でもかなり専門的な分野のMLCとは一体どのようなものなのかをこの記事でパソコン初心者にでもわかるように説明していきます。極力専門的な言葉を避けるようにします。

おそらくよっぽどパソコンに精通している人でないと、MLCというワードを聞いて、すぐにどのようなものかをわかる人はいないと思います。

今回の記事では、
「SSDのMLCってなに?」
「MLCってどこがすごいの?」
「MLCって美味しいの?」

といった質問や疑問を解消していきたいと思います。

また、この記事ではHDDやSSDなどのストレージについてはある程度の知識がある前提で書いていくつもりなので、「ストレージって何?食べれるの?」という場合は、下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

【2019年最新版】SSDの性能・寿命・メリット・デメリットとは?おすすめSSD製品ランキング5選!

2019年2月10日

ハードディスク(HDD)とは?HDDの特徴・メリット・デメリット・寿命は?もうHDDの時代は終わりなの?

2018年12月4日

MLC(マルチレベルセル)採用のSSDの特徴とは?

MLC(マルチレベルセル)とは、データを保存するセルという部屋に2ビットの情報を入れることができるNAND型フラッシュメモリーのことを指します。

MLCの他にもSLC(シングルレベルセル)、TLC(トリプルレベルセル)、QLC(クアッドレベルセル)といった計4種類のNAND型フラッシュメモリーに分類されますが、この4種類はSSDなどのストレージ性能に大きく関係しており、性能順にそれぞれ「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」となっています。

ざっと以下の表が各種類別の性能や価格帯を表したものです。

種類性能価格帯顧客層
SLC★★★★数十万円くらい会社、企業向け
MLC★★★¥5,000~¥150,000くらい一般家庭向け
TLC★★¥3,000~¥20,000くらい一般家庭向け
QLC¥3,000~¥20,000くらい一般家庭向け

最も人気なSSDはMLC採用?SLCはなぜ流行らないの?

基本的には、SSDなどのストレージには、先に紹介した4種類のNAND型フラッシュメモリが採用されており、2019年現在MLCを採用したSSDが最も普及しています。最も性能の高いSLCが普及しづらい理由は下の記事にまとめてあるので興味がある方は参考にしてください。

【2019年最新版】SSDの『SLC(シングルレベルセル)』の価格・寿命・メリット・デメリットとは?

2019年2月12日

その他に、「SLC、TLC、QLCなどNAND型フラッシュメモリーの全体像について知りたい」という場合や「NAND型フラッシュメモリーについてよくわからない」という方は下の記事を参考にしてみてください。

【比較】SSDには4種類ある?「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」の違いやオススメを徹底解説!

2019年2月13日

そもそもSSDの仕組み・構成とは?わかりやすく解説!

SSDとは、主に3つのパーツから構成されています。

SSDの構成要素
  1. メモリコントローラー
  2. メモリチップ
  3. DRAMキャッシュ

メモリコントローラーとは、SSDの処理速度の要とも言えるパーツです。

コントローラの役割としては、フラッシュメモリ(データを記憶する場所)にデータを送ったり引き出したりするのが主な役割です。コントローラの性能次第で、データの転送スピードが大きく違ってきます。2019年現在、コントローラの性能がSSDが一般向けに普及し始めた当初と比べると大幅な進化を遂げており、性能は上がり、価格帯は落ち着いてきているのが現状です。

メモリチップとは、メモリを実際に記憶するための場所のことです。別名NAND型フラッシュメモリとも言います。

このメモリチップは、先にも紹介したとおり、SLC・MLC・TLC・QLCの4種類が存在し、性能・耐久性・価格帯が大きく異なります。一般的には、SLCは膨大なデータを処理するような企業向けで、その他は一般家庭向けと言われています。

DRAMキャッシュとは、頻繁に使う小さいデータを一時的に記憶することで、処理速度を上げる役割を持っています。

一昔前の安価なSSDの場合は、このDRAMキャッシュが搭載されていないことがありましたが、2019年現在では、搭載されていないものを見つける方が難しいほど、一般普及しています。ちなみに、このDRAMキャッシュが搭載されていないとプリフリーズというものが引き起こり、パソコンの動作に大きく影響することが多々あります。

NAND型フラッシュメモリーMLC採用のSSDメリット・デメリットとは?

ここからは、NAND型フラッシュメモリー『MLC』のストレージを導入するメリットやデメリットをご紹介していきます。ただし、「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」を比較したものであり、SSDやHDDの比較ではないので注意してください。

SSDやHDDの比較が気になる場合は下の記事を御覧ください。

【2019年最新版】SSDの性能・寿命・メリット・デメリットとは?おすすめSSD製品ランキング5選!

2019年2月10日

ハードディスク(HDD)とは?HDDの特徴・メリット・デメリット・寿命は?もうHDDの時代は終わりなの?

2018年12月4日

MLC採用のSSDを使うメリット

MLC採用のストレージを利用するメリットは主に5つあります。

1つ目のメリットは、価格帯的に導入しやすいという点です。

MLCよりも性能が高いSLCと比べると大幅に導入費用が下がり、一般的な家庭や会社でも十分導入しやすい価格帯まで下がります。MLCが市場に出回り初めた当初はMLCもまだ一般家庭への普及は難しい価格帯でしたが近年大幅に価格帯も下がりました。

2つ目のメリットは、耐久性が高く、寿命が長いという点です。

これはSLCと比較するともちろん耐久性にも劣りますが、コストパフォーマンスを考えると最もSLCよりも高いです。

3つ目のメリットは、書き換え回数が多いという点です。

業界的には書き換え回数が1万回とされており、Googleのようなビックデータを処理するようなコンピュータで無い限りは十分な書き込み回数と言えます。

4つ目のメリットは、エラーが起きにくいという点です。

SLCの次にエラーが起きにくいのがMLCとなっています。簡単に説明すると、データを保存する空間を贅沢に使用しているため処理が複雑にならず、非常に処理しやすい形で行えるためです。

MLC(マルチレベルセル)は、一つのセル(データを保存する部屋)に2ビットの情報を保存しますが、SLCは1ビット、TLCは3ビット、QLCは4ビットと1つのセルに保存するビット数が少なければ少ないほどエラーは起きにくくなります。

5つ目のメリットは、容量にバリエーションがという点です。

これは、MLCになると市場に出回るため、MLCの改良が優先的に進んでいるためです。SLCは性能は高いですが、その分一般的に使用されないため大容量化は特注という形になり、Amazonなどの市場には出回っていません。

メリット
  1. SLCと比べると導入しやすい価格帯。
  2. SLCの次に耐久性が高く、寿命が長い。
  3. 書き換え回数が1万回とSLCの次に多い。
  4. SLCの次にエラーが起きにくい。
  5. 容量のバリエーションがある。

MLC採用のSSDを使うデメリット

MLC採用のストレージを利用するデメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、一般家庭で利用されるものの中では最も価格が高いという点です。

SLCが企業向けの規格なため、MLCが実質一般的に利用される最高性能を誇るフラッシュメモリーとなるため、実質最も効果なメモリーとも言えます。

2つ目のデメリットは、SLCに比べると書換回数が少ないという点です。

具体的には、SLCの書き換え回数が10万回なのに対し、MLCは1万回と約10分の1の書き込み回数となっています。しかし、正直なところ1万回数もの書き換え性能を持っていれば普通に使用していた場合は6年~8年は十分利用できるので、単純にSLCとMLCを比較した場合デメリットになるというわけです。

デメリット
  1. 一般家庭で利用されるものの中では最も価格帯が高い。
  2. SLCと比べると書き換え回数が少ない。(約10分の1)

MLC採用のSSDの価格帯とは?2019年おすすめのSSD製品とは?

ここからは、『MLC』を搭載したSSDがどのくらいの価格帯なのかをご紹介していきたいと思います。

SSDというのは比較的、新しい製品がでる頻度が高く、どんどん新しいものが市場に流れてくるため、徐々に古い方のものが落ち着いてきている傾向にあります。安いものだと¥5,000から買えるものもあり、平均的には¥10,000~¥30,000が一般的な価格帯です。

実際にMLC採用限定でおすすめの製品をいくつか一覧にしておくので参考にしてみてください。MLC採用ともなると一般家庭に普及しているとは言えども、一般的に普及している中では最高級品なため、他のTLCやQLCと比べると高い価格帯と言えるでしょう。

【2019年最新】おすすめの人気SSD(MLC採用)はどれ?

ここからは、おすすめのMLC採用の人気SSDを容量別にご紹介していきます。

SSDだけでなくパソコンパーツ全般に言えることですが、パソコンの部品の成長スピードというのは非常に早く、今日最新モデルだったものが半年後には古いモデルと称されるほどです。

土日休み.comでは、コスパの高いSSDの発表とともに、最新情報を常に更新するようにしていますが、常に最新の情報のパーツを選ぶよう意識するようにしましょう

SSDの容量(GB)SSD単価(円)
256GB約¥5,000~¥14,000

500GB約¥7,000~20,000

1000GB(1TB)約¥20,000~¥40,000

2000GB(2TB)約¥45,000~¥80,000

4000GB(4TB)約¥90,000~¥130,000

 

MLC採用SSDの平均寿命はどのくらい?

ここからは、『MLC』のストレージの寿命についてはご紹介していきます。

人間の場合様々な原因で寿命を迎えることありますが、MLC採用ストレージの寿命とは、書き込み回数の上限を超過し、これ以上書き換えをすることができない状態のことを指します。

MLC採用のSSDの場合、業界的には書き込み回数が約1万回と言われており、動画編集などのストレージに負荷のかかるような業務を毎日行った場合は3~5年、一般家庭や会社などで普通に利用した場合は6年~8年くらいを目安にいると良いと思います。

また、SSDが寿命を迎えるとデータを取り出すことも、保存をすることもできなくなります。データを取り出す場合は専門的な知識や器具を使って無理やりデータを取り出す方法意外データを取り出す方法がなくなります。そのため、今自分が使っているストレージの状態やこれから導入する予定のパソコンが壊れていないかを確認は絶対に把握しておくべきです。

ストレージの状態を把握する方法は下の記事にまとめてあるので興味ある方はそれを参考にしてください。

【ストレージ分析ソフト】『Crystal Disk Info』ダウンロード・インストール方法!今使っているパソコンの寿命や状態が一目瞭然!

2018年12月5日

まとめ

ここまで、『MLC』採用のストレージについてまとめましたが、2019年現在最も普及しているのがMLC搭載のSSDです。これからSSDの導入を検討している場合は、MLC採用のSSDの導入をおすすめします。

もし、価格帯的に厳しいという場合はTLCなどにランクを一つ落としても、寿命や性能も落ちますが十分使いやすいと思うので良いかと思います。

土日休み.comでは、SSDの最新情報や選び方などの他にもパソコン全般についても最新情報を紹介、解説しています。下の関連記事におすすめの記事があるので、興味のある方は参考にしてみてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。