17インチのパソコンモニタのサイズ感は?平均価格は?おすすめは?

モニタのサイズをインチで表記するというのは、法律で定められており、決まっていることなのですが、日本人からすると馴染みがなく、どのくらいの大きさなのかイメージ付きづらいと思います。ちなみに、アメリカでは日常生活でインチを使います。

今回、土日休み.comでは、サイズという点に焦点をあて、17インチモニタについて解説していきたいと思います。

「どんな用途で仕様されることが多いのか?」
「17インチのサイズ感は?」

など、あなたの身の回りにあるものなどに例えてうまく解説していきます。

17インチパソコンモニタのサイズ感は?

まず、最低限しておいて欲しいことを2つお伝えしておきます。

1つ目は、モニタというのが、スクエア型とワイド型の2つの大きさに規格が別れているということです。スクエア型は横縦比が4:3、ワイド型は横縦比が16:9が一般的に出回っているモニタの比率です。

2つ目は、モニタのインチという表記は、モニタの角と角の対角線の長さを表しているということです。モニタのインチという単位については意外と知らない人が多いです。

17インチモニタの場合は、以下の通りになります。

17インチのサイズ

スクエア型

  • 対角線:43.2センチ
  • 縦:25.9センチ
  • 横:34.5センチ

ワイド型

  • 対角線:43.2センチ
  • 縦:21.2センチ
  • 横:37.6センチ

17インチのモニタの特徴として、スクエア型が多いイメージです。Amazonなどで実際に検索するとわかりますが、下の画像のようにスクエア型のモニタがだらけです。正直、スクエア型が多い理由は、おそらく17インチというモニタの規格があまり人気が無いためと考えられます。

17インチのディスプレイの大きさについてですが、B5のノート2つ分くらいの大きさです。

17インチのパソコンモニタの平均価格は?

17インチのモニタの価格帯は、¥10,000~¥30,000くらいが一般的な相場です。もちろん、機能性や画質のよって価格が大きく変動するため、¥30,000以上のものも普通にありますが、デスクワーク用の仕事などで利用する場合が多く、あまり画質を重視していないケースの方が多いです。

画質を重視するケースの場合は、モニタのサイズも24インチ以上くらいが人気のため、17インチで画質重視というのは、メリットがあまりありません。

2019年おすすめ17インチのパソコンモニタ

Dell モニター 17インチ スクエア/SXGA/TN 非光沢/DP,D-Sub/3年保証 E1715S

17インチのスクエア型ディスプレイです。

デスクワークに小型のモニタが欲しいという方にはおすすめのモニタです。

17インチのディスプレイというのは、あまり種類がなく、他のBenQの製品などもありますが、消費ワット数が多いわりに、このモニタよりも価格が高かったためこちらのモニタにしました。

また、ノングレア(非光沢)を採用により目に優しいため画面になっています。そのため、長時間のデスクワークをしなけらばならない場合も、目に負担が少ない仕様になっています。

保証期間は業界平均の3年保証が付いているため、期間内に壊れた場合は無料で交換してくれます。

まとめ
  • 17インチ スクエア型ディスプレイ
  • 解像度:1280×1024
  • 応答速度:5ms
  • 重さ:2.08kg
  • 消費ワット数:11W
  • ノングレア仕様(非光沢)
  • 保証:3年保証

まとめ

ここまで、17インチのディスプレイについて解説してきました。まとめとしては、デスクワーク用の小さめなディスプレイというのが正直な感想です一般的にも17インチディスプレイの人気は低いというのが現状です。

人気が低い原因としては、中途半端さだと考えられます。17インチディスプレイというのは、サイズ的に持ち運びができず、机に置いておいたとしても画面が小さく扱いにくいなどが挙げられます。

土日休み.comでは、ディスプレイの選び方や2019年の人気ディスプレイを用途や目的別に紹介しているので、興味のある方は下の関連記事を参考にしてみてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。