24インチのパソコンモニタのサイズ感は?平均価格は?おすすめは?

モニタを選ぶ際に、「モニタのサイズ感がわからなくて、どの大きさにすれば良いんだろう?」という経験はありませんか?

日本人にとって普段つわかないインチという単位で、大きさを伝えられても頭の中でどのくらいの大きさなのかをイメージするのってなかなか難しいと思います。

モニタ選びには主に8つのチェックポイントがありますが、その8つの中でもサイズ選びが難しく、今回はモニタのサイズというポイントに的を絞り、24インチモニタについて解説していきたいと思います。

モニタ選びの全体像について知りたい方は、下の記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてみてください。

【おすすめモニタの選び方を伝授!】PCディスプレイの8つのチェックポイントとは?

2019年1月12日

24インチパソコンモニタのサイズ感は?

24インチモニタの解説をする前に、最低限知っておいてほしいことが2つあるので、最初にその2つを簡単に解説しておきます。

1つ目の知っておいて欲しいことは、インチという単位についてです。

インチという単位は日本ではほとんど使われていません。しかし、モニタの大きさをインチで表記するというのは法律で定められています。その理由としては、モニタの大手ブランドの多くが海外にあるからです。

ちなみに、「1インチ=2.54センチ」なので覚えておきましょう。さらに、これ知らない人が多いのですが、モニタのインチという長さはモニタの角と角の対角線の長さを測っています。

2つ目の知っておいて欲しいことは、モニタ画面の比率についてです。

モニタの大きさはインチで定まっているだけでは、縦と横が各会社によってバラバラではモニタの大きさを表記する意味がほとんどありません。そのため、モニタ業界では主に2つの規格を基準にモニタを作っており、それぞれ「スクエア型」と「ワイド型」です。

スクエア型は正方形に近い形で、横縦4:3という比率を、ワイド型は横長の長方形の形で、横縦16:9という比率を採用しています。

スクエア型やワイド型についての詳細は下の記事を参考にしてください。

「ワイド型」「スクエア型」「湾曲型」ディスプレイ(モニター)の違いとは?

2019年1月14日

実際、24インチの細かいサイズは、以下のようになっています。

24インチのサイズ

スクエア型

  • 対角線:61.0センチ
  • 横:36.6センチ
  • 縦:48.8センチ

ワイド型(推奨)

  • 対角線:61.0センチ
  • 横:29.9センチ
  • 縦:53.1センチ

24インチのモニタのサイズは、かなり主流で出回っている人気の大きさです。理由としては、デスクワーク作業、ゲーム、鑑賞用など幅広く扱いやすいモニタだからだと考えられます。

24インチのパソコンモニタの平均価格は?

24インチモニタの平均価格は、¥10,000~¥30,000くらいです。もちろん、24インチという規格でも高いモニタはありますが、24インチという大きさのものを選ぼうとしているのであれば、価格帯的にも扱いやすいものをおすすめします。

もし、観賞用のモニタとして24インチのモニタを選ぼうとしているのであれば、最低でも30インチ以上のものにし、4K対応などの画質に特化したオプションをつけた方が、迫力や臨場感が大きいです。

結論、ゲームやデスクワークには24インチくらいがちょうど良いです。また、高いモニタを選ぶよりは、扱いやすい価格帯である¥10,000~¥30,000程度のものを選ぶことをおすすめします。

2019年おすすめ24インチのパソコンモニタ

ここからはおすすめの24インチのモニタを用途別にご紹介していきたいと思います。

Acer 24インチ作業用モニタ

Acer モニター ディスプレイ KA240Hbmidx 24インチ/HDMI端子対応/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減

Acerのワイド型フルHD24インチモニタです。

フルHDの24インチモニタで¥14,000前後で購入できるというのが一番のポイントですね。実際、大体どの24インチモニタも¥16,000円以上はするので、価格は確実に安いと言えます。

また、モニタの画面は長時間の作業にも目に優しいノングレア仕様(非光沢)なため、デスクワーク向きです。

デメリットを挙げるとしてら、パネルの種類がTNパネルなため、視野角が狭く大勢で画面を見たりなど真正面以外の角度からみることが想定される場合には、IPSパネルのモニタを選んだ方がいいでしょう。

TNパネルやIPSパネルなどがよくわからい場合は下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。

TN型・VA型・IPS型とは?ディスプレイ(モニター)パネルの種類とは?

2019年1月18日

もう一つのデメリットは、応答速度の性能が良くはないということです。ゲームをする予定のある方は、このあと紹介するゲーミングモニタを購入しましょう。

まとめ
  • 24インチ ワイド型ディスプレイ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • 応答速度:5ms
  • 重さ:3.57kg
  • ノングレア仕様(非光沢)
  • 保証:3年保証(別途料金で5年保証を選択可能)

Acer 24インチゲーミングモニタ

Acerゲーミングモニター KG241bmiix 24インチ/1ms/TN/非光沢/1920x1080/フルHD/HDMI1.4×2/ミニD-Sub 15ピン

Acerのワイド型フルHD24インチのゲーミングモニタです。

先に紹介したモニタとスペック面での違いは、ある一点を除けばほとんど変わりはありません。ある一点とは、応答速度です。モニタというのはフレームという画像を何枚も使って映像化しているのですが、その性能度合いを表したものが応答速度です。

ゲームの種類によっては、このフレームの速度が非常に重要で、ゲーミングモニタでないと処理しきれず、映像がカクついて見えたりしてしまいます。

応答速度の性能が向上したのを除いた、基本性能はほとんど変わらず、¥15,000前後で売られているので、かなりコスパは高く、充分おすすめできる一品です。

まとめ
  • 23インチ ワイド型ディスプレイ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • 応答速度:6ms
  • 重さ:5.59kg
  • ノングレア仕様(非光沢)
  • 保証:3年保証(別途料金で5年保証を選択可能)

まとめ

ここまで24インチモニタについてまとめてきました。

まとめとしては、24インチという大きさの場合は、複数の用途で利用しやすいため、価格さえ押さえることができれば、かなりコスパの高くすることができるため、おすすめです。

2つ目に紹介したゲーミングモニタの場合は、デスクワークとしても利用できるため、少しでもゲームをする可能性があるのであれば、ゲーミングモニタを選ぶことをおすすめします。

また、土日休み.comでは、モニタの選び方や2019年の人気モニタの紹介もしているので、興味のある方は下の記事も参考にしてみてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。